スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語>>検定試験(TOEIC/英検/その他)

新しい英語の試験TEAP

いよいよ季節は秋になりました!
食欲の秋、読書の秋・・・色々ありますが、
夏遊んでしまった方!
勉強の秋!英語の秋にしましょう♪
今日から始めても遅くないですよ。

----------------------

8月末に読んだ朝日新聞に、
上智大学と日本英語検定協会が
新しい英語検定試験を開発している、
という記事が掲載されていました。

Test of English for Academic Purposes、
通称「TEAP」というそうです。
公式サイト

まだサイトも完全にできあがっていないようですが、
上智大学では2015年度の入試からこのTEAPが導入されることが決まっているようです。
http://www.sophia.ac.jp/jpn/admissions/gakubu_ad/gakubu_news/20130524/gakubunews20130524?kind=0

なんでもこのテストの利点は、
「読む」「聞く」の技能だけではなく、
「話す」「書く」の4つの技能が
測れるというところにあるそうです。
いいですね!

今や定番となったTOEICは基本的に
「読む」「聞く」のみが求められ、
点数と英語力があまり合っていないケースが見られます。
それってやっぱり「話す」「書く」という
アウトプットの能力は求められないからですよね?
(最近はTOEIC SW(Speaking/Writing)というのも別途ありますが)

TEAPのテスト構成は、

リーディング 70分
リスニング 50分
スピーキング 10分
ライティング 70分

だそうです。
リーディングとリスニングで既に2時間・・・
ここまでの時間配分はTOEICと同じですね。
それに加えてスピーキング+ライティング約1時間半・・・

つらそう集中力を持たせられるかが鍵になりそうです。

サンプル問題発見しました!
なるべく早く試してみたいと思います。
やったらまたブログに感想を載せますね。
TEAP サンプル問題

ちなみに、気になるお値段ですが、
まだ検討中のようです。
2014年から実施とのことですので近々発表があるのでしょうが、
一体おいくら万円なんでしょう・・・。
TOEFLよりは安くしたいとのこと・・・って
TOEFL$225もしますよ!

すると15,000円くらいですかねー。
スピーキングに人件費がかかることを考えるとしょうがない気もしますが
気軽に受けられるお値段、せめて1万円以下にならないと
TOEICや英検のような普及は難しいのではないかと思います。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
東京で英語講師をしながら、訪日外国人のツアーガイドをしています。2012年10月から英語のサイクリングツアーも始めました!

Y&Y cycling tours tokyo
Y&Y Cycling Tours Tokyo


Customer Reviews


資格:英検1級/通訳案内士国家資格/TOEIC満点(990)



人気ブログランキングへ

レッスン使用教科書
基本の会話のレッスンでは、New American Streamlineというテキストを使っています。知名度はあまり高くありませんが、文法ごとのダイアローグがあり、自然な英語を身に付けるには最適なテキストです。
文法書としては、世界的に人気の「Grammar in Use」シリーズがオススメです。こちらでは、翻訳バージョンをご紹介しておりますが、ある程度英語に自信がある方は英語で書かれている原書をオススメします。イラストが多く、とてもわかりやすいです。
今日の時事英語
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。