スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語>>検定試験(TOEIC/英検/その他)

自動詞か他動詞かで悩む part2

昨日の続きです。

自動詞か他動詞か、ということを理解するには
自分で文を作る練習をすることが一番です。
なぜなら、自分の言いたいことがあれば
おのずと目的語を使わないと
言いたいことが言い切れないと気づくからです。

例えば以下の文↓

I gave a ring to my girlfriend on her birthday.

「彼女の誕生日に指輪をあげた。」

この文では、彼(I)にとってはあげたものが
ハンカチでもケーキでもなく『指輪』であり、
それを妹でもお母さんでもなく、
彼の『彼女』にあげた、という情報が重要です。

なので、この文を書く上で、
あげたものである「指輪」と
あげた人は誰かという「彼女」という情報は
外したくないところです。

なので、
I gave. で文を終わらせず、
I gave a ring to my girlfriend. まで書いたほうが
文として良いということです。

目的語を取るのか取らないのか、のように
文法用語を使って理解しようとするよりも、
自分はどんな情報を伝えたいのか、
それにはどの表現は省けて、どの表現は省かないほうがよいのか、
を考えると、自然とその文が作れると思います。

そういった意味で、周りに英語を直してくれる人がいるのであれば
英語日記はやはりオススメです。
自分の伝えたいことは省きませんからね。

ちなみに、上の文を書く際
giveの用法を辞書や文法書で調べてみると、

give + 人 + 物 

の順でも文が作れると書いてあります。

つまり、
I gave her a ring.
でも文法的にはOKということです。

このように、自分で文章を作りながら
単語ごとの用法を増やしていくことにより
段々多くの表現に対応していける様になると思います。


===================================

その他の例文

I study every day. 「私は毎日勉強します。」
→毎日「勉強する」という事実を伝えたい。何を勉強するのかはあまり重要ではないのかも。

I study English every day.「私は英語を毎日勉強します。」
→数学でも経済でもなく、「英語を毎日勉強するんだ」ということを伝えたい。


どちらの文もOKです。言いたいことが違うだけ。



スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
東京で英語講師をしながら、訪日外国人のツアーガイドをしています。2012年10月から英語のサイクリングツアーも始めました!

Y&Y cycling tours tokyo
Y&Y Cycling Tours Tokyo


Customer Reviews


資格:英検1級/通訳案内士国家資格/TOEIC満点(990)



人気ブログランキングへ

レッスン使用教科書
基本の会話のレッスンでは、New American Streamlineというテキストを使っています。知名度はあまり高くありませんが、文法ごとのダイアローグがあり、自然な英語を身に付けるには最適なテキストです。
文法書としては、世界的に人気の「Grammar in Use」シリーズがオススメです。こちらでは、翻訳バージョンをご紹介しておりますが、ある程度英語に自信がある方は英語で書かれている原書をオススメします。イラストが多く、とてもわかりやすいです。
今日の時事英語
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。