スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語

「群れ」も色々!

本日のレッスンで生徒様から、

「牛の群れ」の「群れ」ってなんて言うんですか?

とご質問をいただきました。

「群れ」というのに a group of ... という単語が
使えますが、
実は群れという単語にはいろいろあり、
その群れを作る動物に寄って
使う言葉が違います。

あんまり会話では使わないかもしれませんが、
知っていると面白いので見てみて下さい

a herd of whales(クジラの群れ)
a herd of cattle(牛の群れ)
a herd of elephants(象の群れ)
a herd of horses(馬の群れ)
→家畜や体が大きめな動物によく使う herd

a flock of sheep(羊の群れ)
a flock of goats(ヤギの群れ)
a flock of birds(鳥の群れ)
→小さめの家畜や渡り鳥などに使われる flock

a school of fish(魚の群れ)
a school of whales(クジラの群れ)
a school of dolphines(イルカ)
→お魚や海に住むの哺乳類に使われる school
(めだかの学校みたいでかわいい)

a swarm of bees(蜂の群れ)
→とにかく沢山いるもの!大きさは関係ないですが、特に昆虫のように、
うようよ動いているようなイメージのものに使う swarm

昆虫嫌いな方、想像させてすみません。
他にも色々あるのでご興味あれば調べてみて下さい。

ちなみに、上記の単語は動詞としても使えます。
例えばこんなことわざがあります。

Birds of a feather flock together. 

同じ羽毛の鳥は群れをなす → 「類は友を呼ぶ」
 
このサイトに来てくださったあなた。
残念ながら今後私のように英語オタクになってしまうこと
間違いなしです・・・。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
東京で英語講師をしながら、訪日外国人のツアーガイドをしています。2012年10月から英語のサイクリングツアーも始めました!

Y&Y cycling tours tokyo
Y&Y Cycling Tours Tokyo


Customer Reviews


資格:英検1級/通訳案内士国家資格/TOEIC満点(990)



人気ブログランキングへ

レッスン使用教科書
基本の会話のレッスンでは、New American Streamlineというテキストを使っています。知名度はあまり高くありませんが、文法ごとのダイアローグがあり、自然な英語を身に付けるには最適なテキストです。
文法書としては、世界的に人気の「Grammar in Use」シリーズがオススメです。こちらでは、翻訳バージョンをご紹介しておりますが、ある程度英語に自信がある方は英語で書かれている原書をオススメします。イラストが多く、とてもわかりやすいです。
今日の時事英語
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。