スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語>>プライベートレッスン

take と bring

生徒様から、
「takeとbringの使い方がごちゃごちゃになってしまいます」
とのご相談がありました。

確かにちょっとややこしい感じがしますが、
そんなに難しくはありません。
話し手間の使い方だけ気をつければ大丈夫です。

簡単に書くとこういうことです。

AさんとBさんが話していて、
お互いに何かを相手側に持って行く時
→bring

それ以外
→bring, takeどちらでもOK

例えば、AさんがBさんに、
「パーティにお招きありがとう。ケーキを持って行きますね。」
と言う時は、"Thank you for inviting me to the party.
I will bring some cake."

するとBさんは、
「ケーキを持ってきてくれるの?!ありがとう!」
"Will you bring some cake? Thank you!"

そしてBさんはさらにこんなことを。
「パーティーの後野球を見に行くから望遠鏡を持っていこう!」
これは、
"We will go see a baseball game. So let's take/bring binoculars."

ケーキはAさんとBさんの間のみで移動するのでbring
望遠鏡は二人の間ではなく、
2人から離れた外部へ持っていくので
takeでもbringでも大丈夫です。

話している相手に何かを持っていく時はbring!
と覚えておけば無難ですね。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
東京で英語講師をしながら、訪日外国人のツアーガイドをしています。2012年10月から英語のサイクリングツアーも始めました!

Y&Y cycling tours tokyo
Y&Y Cycling Tours Tokyo


Customer Reviews


資格:英検1級/通訳案内士国家資格/TOEIC満点(990)



人気ブログランキングへ

レッスン使用教科書
基本の会話のレッスンでは、New American Streamlineというテキストを使っています。知名度はあまり高くありませんが、文法ごとのダイアローグがあり、自然な英語を身に付けるには最適なテキストです。
文法書としては、世界的に人気の「Grammar in Use」シリーズがオススメです。こちらでは、翻訳バージョンをご紹介しておりますが、ある程度英語に自信がある方は英語で書かれている原書をオススメします。イラストが多く、とてもわかりやすいです。
今日の時事英語
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。