スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語>>プライベートレッスン

a lot of fish?

本日のレッスンで、
「なぜa lot of fishで、a lot of fishesとは言わないのですか」
というご質問をいただきました。

基本的には、
I caught a lot of fish.「魚を沢山釣りました。」
と言います。

簡単に言うと、fishの複数形はfishだからです。
a fish, two fish, three fish, a lot of fish
といい、sをつけなくても良い単語なのです。
これを、単複同形の名詞(単数形も複数形も同じ形)といいます。

他の例ですと、動物ならdeerとかsheep、
人だとJapaneseやChineseなどがあります。
どれも two deer, three sheep, four Japanese, five Chineseとなります。
群れで動く動物や、-neseで終わる国民は単複同形名詞のようです。
(日本人や中国人も群れ?!)

じゃあfishesとは言わないのか?

まれに言うこともあるようです。
ただ、それはどうしてもそれが別の種類の魚だと
説明したい時に出てくる言い方みたいです。

That store sells a lot of fishes.

となると、
「その店は、色々な種類の魚を売っています。」
となります。

なので、
「沢山の種類の魚を売っている」
という内容を強調して言いたい時にはfishesになるのもありのようです。

普段はfishで通しておく方が無難でしょう!
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
東京で英語講師をしながら、訪日外国人のツアーガイドをしています。2012年10月から英語のサイクリングツアーも始めました!

Y&Y cycling tours tokyo
Y&Y Cycling Tours Tokyo


Customer Reviews


資格:英検1級/通訳案内士国家資格/TOEIC満点(990)



人気ブログランキングへ

レッスン使用教科書
基本の会話のレッスンでは、New American Streamlineというテキストを使っています。知名度はあまり高くありませんが、文法ごとのダイアローグがあり、自然な英語を身に付けるには最適なテキストです。
文法書としては、世界的に人気の「Grammar in Use」シリーズがオススメです。こちらでは、翻訳バージョンをご紹介しておりますが、ある程度英語に自信がある方は英語で書かれている原書をオススメします。イラストが多く、とてもわかりやすいです。
今日の時事英語
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。