スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語

to不定詞を伴う動詞・動名詞を伴う動詞

今日のレッスンのテーマは「to不定詞を伴う動詞」と「動名詞を伴う動詞」、
もしくは「両方どちらが続いてもOKな動詞」。

例えば、like, preferなどは、

I like playing tennis.
I like to play tennis.

どちらもほとんど意味は同じです。

でも、remember, forget, try, stopなどは、意味が異なってきます。
これが結構ややこしいです。
いくつか例を載せてみますので比べてみてください

【try】
She tried eating sashimi.
「彼女は刺身を食べてみた。」
She tried to eat sashimi (, but…)
「彼女は刺身を食べようとした(が…)」

上の文は「試してみる」、下の文は「努力する」という意味。

→日本を初めて訪れる外国人女性。
上の文は、「彼女は日本で初めて刺身というものを体験した。」
下の文は、「彼女は日本で刺身を食べようと(努力)した…ができなかった。」
下の文のbut以下は、but she didn't have time.(でも時間がなかった)とか、
but she couldn't.(やっぱり刺身は気持ち悪くて食べれなかった。)など。
理由は何であれ、「挑戦したけどできなかった。努力した。」 というニュアンスが出ます。


【remember】
Do you remember eating sashimi in Japan?
「(前に) 日本で刺身を食べたの覚えてる?」
Remember to eat sashimi in Japan! It’s really good.
「日本で刺身を食べるのを忘れないように!おいしいから!」

→上の文は、同外国人女性と一緒に日本を訪れた友達が、数年後に彼女にしている質問。
「日本でこんなことしたよね~」と、~したけど覚えてる?と聞いている場面です。
下の文は、新たに日本を訪れる第三者に、「忘れず刺身を食べるように!」とオススメしている文章。
Don't forget to...と置き換えられます。


【forget】
I forgot eating sashimi in Japan.
「日本で刺身を食べことは覚えていない。」
I forgot to eat sashimi in Japan.
「日本で刺身を食べるのを忘れてしまいました。」

→上は、「もう何年も経ってしまったから、刺身を食べたことは覚えていない。」という文。
下は、「日本に行ったけど、うっかり刺身を食べるのは忘れてしまった。」という文。
日本では「お寺に行きたい、お好み焼き食べたい…」などやりたいことがたくさんあったので、
刺身を食べるのは忘れてしまったーという感じがします。


【stop】
I stopped trying strange food.
「変わった食べ物を食べるのはもうやめました。」
I stopped (there) to try the strange food.
「その変わった食べ物を食べるために(そこに) 寄りました。」

→上は、今まで食べたことのない食べ物を試すのが好きだったが、
もうこりごりだ、といった印象?「~することを止めた」ということ。
下は、歩いていて、屋台のようなものが出ていた。何か珍しい食べ物をつくっている。
そこに寄ってその食べ物を食べたんだよ、と誰かに話している文。
(文の意味を通すため、下の文はthe strange foodとtheを付けています)

なんとなく「お刺身が食べたい…」という気分だったので
例文にお刺身を使いましたが、
こんな感じで、自分の言葉で例文を作ってみると
楽しく違いが覚えられるのではないかと思います。

Please remember to study English little by little every day!
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
東京で英語講師をしながら、訪日外国人のツアーガイドをしています。2012年10月から英語のサイクリングツアーも始めました!

Y&Y cycling tours tokyo
Y&Y Cycling Tours Tokyo


Customer Reviews


資格:英検1級/通訳案内士国家資格/TOEIC満点(990)



人気ブログランキングへ

レッスン使用教科書
基本の会話のレッスンでは、New American Streamlineというテキストを使っています。知名度はあまり高くありませんが、文法ごとのダイアローグがあり、自然な英語を身に付けるには最適なテキストです。
文法書としては、世界的に人気の「Grammar in Use」シリーズがオススメです。こちらでは、翻訳バージョンをご紹介しておりますが、ある程度英語に自信がある方は英語で書かれている原書をオススメします。イラストが多く、とてもわかりやすいです。
今日の時事英語
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。