スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語

大好きなロビン逝く

今朝、駅の売店の「ロビンウィリアムズ自殺」という文字に
固まりました・・・。
そして目を疑いました。誤報であってほしかった。

彼の演技としゃべりが子どもの頃から大好きでした。
「Hook」「Aladdin」「Mrs. Doubtfire(邦題:ミセスダウト)」「Jumanji」の4本は
特に好きで、何回見たのか数え切れません。

なんといっても自由自在に変化するあの声!!!
天才です。天才でした・・・。過去形で言わないといけないなんてショックです。

ロビンが魔法のランプの精Genieの声優をした
Aladdinにはこんな思い出があります。

小学校6年生の時に犬を飼うことになりました。
その犬が家に初めて来た夜、妹と二人でAladdinのビデオを見ました。
まだ犬の名前を決めていなかったのですが、
あるシーンを見た瞬間、
妹と二人で「名前はこれにしよう!」と意気投合しました。
それはランプの妖精GenieがAladdinに初めてあう以下のシーンです。

Genie: Hi! Where you from? What's your name?
「ハーイ!ご出身は?お名前は?」
Aladdin: Uh, Aladdin.
「えーっと、アラジンだけど。」
Genie: Aladdin! Hello, Aladdin, nice to have you on the show. Can we call you Al, or maybe just Din?
「アラジン!こんにちは、アラジン。僕のショーに来てくれて嬉しいよ。アルって呼んだらいい?それともジン、だけのほうがいい?」
Or how about Laddie? It sounds like, "Here, boy!" C'mon, Laddie!
「それかラディは?(スコットランド人に変身して)『ほら、こっちだよ、ラディ』なんちゃって!(そして犬に変身!)」
Aladdin: I must've hit my head harder than I thought.
「思ったより頭を強く打ったみたいだ。」


この時は字幕で見ていた訳ですが、
「名犬ラディ」と訳されていたのを覚えています。
この瞬間から家の犬は「ラディ」になりました。
(でもこの時正しい綴りはわからなくて、Laddyにしたのですが、
大人になってからLaddyではなくて、スコットランドの方言で
「若者」という意味のLaddieだったことが判明・・・。
もう変える気もなくそのままにしました。)

つまりロビンが家の犬LaddieのGodfather(名付け親)だった訳です!!!
もっと長生きして世界を笑いで満たして欲しかった!!!
ご冥福をお祈りします。
また彼の映画が見たくなってきました~!!!

Laddy from Aladdin
My late dog "Laddy" (もう死んじゃいましたがこんな犬でした)
スポンサーサイト

英語>>ツアーガイド

Once a wise man, twice a fool!

今日は1泊2日の富士登山ツアーの予定でしたが
台風11号の為催行中止になってしまいました。残念。

このツアーは毎年富士登山シーズンである7月と8月のみに
催行される季節限定ツアーで、
日本人と外国人のお客様約20人ずつ、計40人ほどで
一緒に登頂。最大の目的は勿論山頂でのご来光です。

しかし挑むのは日本最高峰富士山。
プロの登山ガイドさんがついて安全に登ることができますが、
準備を怠ると痛い目に合います。

いつも登る前に必ずお客様に言うのは、
“Don’t underestimate Mt.Fuji! You have to be well prepared.”
「富士山を甘く見てはいけません!準備をしっかりしましょう。」

暑がりだからーと薄い上着一枚しか持っていない人(山の上は夏でも極寒)、
短パンしか持っていない人、ジーパンで登ろうとする人、
雨具を持ってこない人、普段履きのスニーカーで登ろうとする人、
現金ほとんど持っていない人(クレジットカードのみ)・・・
朝お会いしたときに異様にリュックが小さい人は要注意です。
あれ持ってる?これ持ってる?としつこく聞いて、
持っていなければ途中のサービスエリアもしくは富士山の五合目でご購入いただきます。
あまりうるさく言うのは嫌ですが、
一人でも多くの方と一緒に山頂に立ちたいので、
悪いと思いつつ怪しい人は突っついていきます(笑)

登山中は天気が良ければ絶景が望めます。

forests.jpg
樹海

DSC_0125.jpg
山小屋からの夕日

hut.jpg
山小屋では寝袋で寝ます

sunrise.jpg
今までで一番綺麗に見えたご来光

summit.jpg
8才の子も元気に登りました!

descending route
下山道

“This is the most beautiful view I’ve ever seen!”
(「今まで見た中で一番綺麗な景色です」)
と感動される方も少なくありません。

前回のツアーでは、美しいご来光を見ながら素敵なサプライズが☆
ご来光を拝んだ後、時間が押していたせいもあり直ぐに出発しようとした私たち。
私が、Okay, shall we get going?「では出発しましょうか」と叫んだ時、
アメリカ人のお客様から日本語で
「チョットマッテクダサイ」と言われました。
えぇ、もう行く時間なのに!と思った瞬間目に入ったのは彼の手の中の小さな箱。
え?まさか?!

そのまさか!でした。そこから彼のプロポーズが始まったのです!
他のお客様が見守る中、見事彼のプロポーズは身を結び、
最後には”Congratulations!”(「おめでとう!」)と祝福の拍手喝采。
男性のお客様は彼と固い握手をして”You are the man!”(「君こそ男だ」)と
声をかけていました。
わー、なんか映画のワンシーンみたい・・・
素敵な瞬間に立ち会うことができました。

「一度も登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿」
という諺のとおり、
簡単な山ではありませんが、
日本人として一度は登ってみたい山です。
外国人登頂者も多いので、
勇気を出して休憩している外国人の方に話しかけるなどすれば
英会話の練習もできて一石二鳥(笑)

Once a wise man, twice a fool!
一度は登ってwise manになっておきたいですね。
プロフィール

Yoko

Author:Yoko
東京で英語講師をしながら、訪日外国人のツアーガイドをしています。2012年10月から英語のサイクリングツアーも始めました!

Y&Y cycling tours tokyo
Y&Y Cycling Tours Tokyo


Customer Reviews


資格:英検1級/通訳案内士国家資格/TOEIC満点(990)



人気ブログランキングへ

レッスン使用教科書
基本の会話のレッスンでは、New American Streamlineというテキストを使っています。知名度はあまり高くありませんが、文法ごとのダイアローグがあり、自然な英語を身に付けるには最適なテキストです。
文法書としては、世界的に人気の「Grammar in Use」シリーズがオススメです。こちらでは、翻訳バージョンをご紹介しておりますが、ある程度英語に自信がある方は英語で書かれている原書をオススメします。イラストが多く、とてもわかりやすいです。
今日の時事英語
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。