スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語>>ツアーガイド

生徒さんとワークショップ開講!

今週は、以前から生徒さんと企画していた
『プロから習う、漫画体験ワークショップ』
を開講しました!

こちらの生徒さんにはもう2年ほど
私のプライベートレッスンを受けていただいています。
プロの漫画家さんでして、ワークショップの話のきっかけは、
「英語を使う機会を作りたい」というものでした。

せっかくプロの漫画家さんでいらっしゃるので、
その特技を活かして、外国人の方と交流する方法はないかと考えてたのが
漫画体験ワークショップでした。

漫画は今、海外でブームです。
英会話レッスンと平行して外国人相手のガイドもしていますが、

「秋葉原は今回の旅行では外せない」

「One-pieceを読んでいる」

「ナルトグッズが欲しい」

など漫画に関するリクエストが非常に多いです。

ガイディングの問い合わせが来たお客様にワークショップをオススメしてみると、
さっそく二組のアメリカ人のご家族が
「是非やりたい」とお申し込みをして下さいました。

あとは生徒さんと数回話し合い+練習を重ね、いよいよ本番!!!

実は生徒さん、アメリカ人と話すのは今回が初めて。
でもそんな雰囲気は微塵も感じさせない堂々とした説明と
質の高いワークショップにお客様も大満足のご様子でした。

800.jpg


すごくよかったのは、今回は練習ではなく
お金をいただいての「仕事」でしたので、
資料の準備、英語の表現の練習、
何においても手が抜けなかったところだと思います。

レッスンならミスをしても大丈夫、という甘えが生じます。
仕事となると大きな失敗は許されません。
適度な緊張感を持ちつつ何かを英語で準備したり
練習したりするときの英語力の伸びは
レッスンの比ではありません。

1回目のワークショップの反省点を元に内容を修正し、
2回目のワークショップはさらに良いものとなりました。
生徒さんもお客さんとより濃い内容の会話ができていました。
ゆっくり喋ってくれる英会話のネイティブの先生とは違う
容赦のない速い英語にも堂々と対応していたのが本当に素晴らしかったです。

800_2.jpg


語学はやはり使わなければ、「使えなければ」意味がありません。
趣味で語学を勉強するのは楽しいですが、
やはりそれを使う場を無理やりにでも作ることが大事です。
海外旅行や、文通相手とのやり取り。何でも良いと思います。
机上の英会話学習にならないで欲しい・・・。
それが英会話講師としての願いです。

スポンサーサイト
プロフィール

Yoko

Author:Yoko
東京で英語講師をしながら、訪日外国人のツアーガイドをしています。2012年10月から英語のサイクリングツアーも始めました!

Y&Y cycling tours tokyo
Y&Y Cycling Tours Tokyo


Customer Reviews


資格:英検1級/通訳案内士国家資格/TOEIC満点(990)



人気ブログランキングへ

レッスン使用教科書
基本の会話のレッスンでは、New American Streamlineというテキストを使っています。知名度はあまり高くありませんが、文法ごとのダイアローグがあり、自然な英語を身に付けるには最適なテキストです。
文法書としては、世界的に人気の「Grammar in Use」シリーズがオススメです。こちらでは、翻訳バージョンをご紹介しておりますが、ある程度英語に自信がある方は英語で書かれている原書をオススメします。イラストが多く、とてもわかりやすいです。
今日の時事英語
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。