スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語

ドーナツは嫌いでもミスドには行く?!

先日、ネイティブの講師の授業を見学させてもらいました。

先生一人に対して6人のクラスでした。

そのレッスンの中で、

「日本人が間違えやすい英語の受け答え」

た見られたのでご紹介します。

どこを間違えてしまったのか、読みながら考えてみて下さいね。

---

先生: Okay, let's talk about your favorite food today. I love doughnuts. Do you like doughnuts?

生徒: No, I don't like doughnuts.

先生: Oh, really? So you don't go to Mr. Donut.

生徒: Yes.

先生: Oh, you do? Do you buy doughnuts there?

生徒: No.

先生: Oh, so why do you go there?

生徒: ???

先生: That's okay. Never mind.

---

何が問題だったのかお分かりになりましたか?

では今度は日本語付きでもう一度見てみましょう。

---

先生: Okay, let's talk about your favorite food today. I love doughnuts. Do you like doughnuts?
    「では今日はみなさんの好きな食べ物について話しましょう。私はドーナツが大好きです。みなさんはドーナツは好きですか?」

生徒: No, I don't like doughnuts.
    「いいえ、ドーナツは好きではありません」

先生: Oh, really? So you don't go to Mr. Donut.
    「あら、そうなんですか。それではミスドには行かないんですね。」

生徒: Yes.
    「行きます。」

先生: Oh, you do? Do you buy doughnuts there?
    「おや、行くんですか?ミスドでドーナツを買うんですか?」

生徒: No.
    「買いません。」

先生: Oh, so why do you go there?
    「あれ、そうしたらなぜミスドに行くんですか?」

生徒: ???
    (どういうこと?)

先生: That's okay. Never mind.
    「いいんですよ。気にしないで下さい。」

---

もうお分かりだと思いますが、

So you don't go to Mr.Donut. 「それじゃあミスドには行かないんですね」

という発言に対して、

そうなんです、行かないんです。」

という答えたかったのに、
日本語の『そうなんです』につられて
"yes"(行きます)と答えてしまったのが
混乱を招く結果となりました。

私たち日本人にとって、
No と言うべきところを Yes と言ってしまうという場面が多く見られます。
気をつけるべきなのは質問文だけではなく、
not の入った平叙文に対する答えです。

下に例をいくつか載せますので、
苦手意識のある方は練習してみてください。

---

A: Have you been to Australia?「オーストラリアへ行ったことがありますか」

B: No, I don't even have a passport.「ありません。パスポートさえ持っていません」

A: Oh, so you've never been abroad?「じゃあ海外に出たことは一度もないんですか?」

B: 「ええ、(一度も)ないんです。」






答えの例「No, I haven't.」「No, never.」

Yes と言うと海外には行ったことがあることになります。

---

A: You are working late tonight, right?「今夜は遅くまで仕事ですよね。」

B: Yeah. I have to work overtime. 「ああ。残業しないといけないよ。」

A: I guess you can't come to the party tonight.「じゃあ今夜のパーティーにも来れそうになですね。」

B: 「そうだね、残念ながらいけないよ。」






答えの例「No, I'm afraid I can't.」「No, I can't, unfortunately.」

ここで「そうだね」につられて
Yeah. などというと「え、来れるの?!」という返答が返ってきます。

---

普段から気をつけて、No は No と言えるように練習しておきましょう。
スポンサーサイト
プロフィール

Yoko

Author:Yoko
東京で英語講師をしながら、訪日外国人のツアーガイドをしています。2012年10月から英語のサイクリングツアーも始めました!

Y&Y cycling tours tokyo
Y&Y Cycling Tours Tokyo


Customer Reviews


資格:英検1級/通訳案内士国家資格/TOEIC満点(990)



人気ブログランキングへ

レッスン使用教科書
基本の会話のレッスンでは、New American Streamlineというテキストを使っています。知名度はあまり高くありませんが、文法ごとのダイアローグがあり、自然な英語を身に付けるには最適なテキストです。
文法書としては、世界的に人気の「Grammar in Use」シリーズがオススメです。こちらでは、翻訳バージョンをご紹介しておりますが、ある程度英語に自信がある方は英語で書かれている原書をオススメします。イラストが多く、とてもわかりやすいです。
今日の時事英語
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。