スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語>>プライベートレッスン

生徒さんNY留学へ

明日から生徒さんの一人が語学留学の為NYへ旅発ちます!

次にお会いするのは年明け・・・。

しばらくお会いできないのは寂しいですが、

きっとさらに英語が上達して帰国されることと思います。

頑張って欲しいです!!!



私も10年以上前ですが、語学留学でシドニーに行きました。

通ったのは The Macquarie University English Language Centre

シドニーから40分くらいバスで行った郊外の学校です。

大学付属の語学学校だったので、大学の施設が使えたり、

サークルに参加したりすることができました。

楽しかったですが、言ったばかりの時は英語力があまりなかったので色々苦労しました。



ここで私の苦労話を一つ。

留学後すぐ、現地で銀行口座を開く必要があったので近くの銀行へ行きました。

とりあえず50ドル預金したかったのですが、銀行のお姉さんはものすごく速い英語で

"○×△?○×!△○☆×△ 5 dollars. Okay?"



Okayじゃないよー全然、と思い "No... 50 dollars!" と言ってみたものの

彼女はまた、「なんとかかんとか 5 dollars」 と言ってきます。

粘ったのですが、お姉さんにはイライラされるし5ドルが何のことやらさっぱりで、

諦めて銀行を後にし、泣きながら家に帰りました。



家に帰って調べてみると、どうやら

オーストラリアは口座を開く際に手数料がかかるようで、

それが5ドルだと言っていたようだということが分かりました。

後日無事に口座を開設することができましたが、

あのお姉さんの顔は10年経った今でもまだ覚えています。

(めんどくさいジャパニーズだという顔をされました。当然ですが・・・)



留学生活ではこういった苦労話も含め

様々な貴重な体験をすることができます。

留学をお考えの方は、

私のような目に合わない為にも

ある程度英語力を上げてから出発されることをオススメします!
スポンサーサイト

英語>>プライベートレッスン

名詞っぽい副詞

お盆休みはいかがでしたか?

沖縄に旅行に行かれた生徒様からこちらのお土産をいただきました♪

chinsuko.jpg
沖縄といえばやっぱりこれ。ちんすこうですよね~。
大事にいただきます^^
I want to go somewhere nice, too...(私もどこか素敵なところに行きたーい。)


ところで、このsomewhereを使うとき、
I want to go to somewhere. と
前にtoを付けていらっしゃる方がとても多いです。

somewhereは確かに「どこか」という意味なのですが、
細かく言うと、「どこかの場所」という名詞ではなく、
「どこか“に”、どこか“へ”、どこか“で”」という意味まで含まれた
『副詞』なのです。

Shinjuku、office など場所を表す単語は基本的には『名詞』であり、

I went to Shinjuku yesterday. 「昨日新宿に行った。」
I have to go to my office. 「会社へ行かなければならない。」

などの文では「…へ、…に」にあたる
"to" を入れなければなりません。

これに対して副詞を使うときは、
すでにこの単語に to などの意味が含まれているため、
そのまま動詞の後にくっつけて使います。

いくつか例を挙げておきますので、
もし理解が少し曖昧な方はここで確認するようにして下さいね。


~レッスンでよく聞く文~

× I want to travel to abroad.
○ I want to travel abroad. 「海外旅行に行きたい。」
overseasも同じように使えますがこちらも副詞。

× I went to downtown yesterday.
○ I went downtown yesterday. 「昨日都心に行った。」
downtown…都心部に、繁華街に

× My husband came back to home late last night.
○ My husband came back home late last night. 「昨夜主人は遅くに帰宅しました。」
他にもよく聞くのは ×stay at home → ○stay home「家にいる」

× I had to go to upstairs.
○ I had to go upstairs. 「上の階に行かなければならなかった。」
downstairsも同様に副詞です。

英語>>プライベートレッスン

継続の効果が出る瞬間

英語は継続、とよく言われますが、
今日はそれを実感する出来事がありました。

1年前からプライベートレッスンを受けてくださっているSさん。
今日もレッスンで色々なことを話したのですが、
その中で私が気づいたことがありました。

Sさんはお母様のことをお話されていました。

My mother likes to ...
She wants to ...

She says she likes to...
Do you want to...?


以前は付いたり付かなかったりしていた
三単元のs
しっかりと付くべきところに付いており、
付かなくていいところには動詞の原形が使われていました。

「なんだ、そんなことか」と思うかもしれませんが、
知っていてもそれを会話に反映し、正確に喋ることは難しいです。

今までその生徒様は、主語がHeやSheの時でも
sが付いたり付かなかったりしていたのですが、
今日はその点がとても正確でした。

レッスンの最後に、

「今日は主語が he や she の時には動詞にsを忘れずに付けていらっしゃって、
とても正確に喋れていましたね。」

とお伝えしたところ、
素晴らしい答えが。

「なんだか he とか she の文章の場合、『s』が無いと収まりが悪いような気がして。」

この感覚こそまさに皆さんに身に付けてほしい感覚です!

普段から口癖になるくらいまで
お手本になる綺麗な文章を繰り返し練習すると、
こういう瞬間が訪れます。
間違った文を聞くと
気持ちが悪いような、そんな気分になるんです。

テニスをするのが初めての方が、
コーチに、「ラケットは下から上に振るんだよ」と言われるとします。
でも実際にボールを打つと上手く行きません。
ラケットは下から上に振るとわかっているのにです。
理論を知っているのと実際にボールを打つのは違います。

練習を重ねるうち、ラケットを下から上に振る癖が付き、
ミスをしなくなります。
英語も同じような文章を繰り返し口から出すことにより、
ミスを減らすことができます。
こういう点では、英語はスポーツに似ているといえます。

Sさんは毎回のレッスンの予習・復習をかかさず、
テキストの音読練習や
オススメしている文法書も勉強してくださっています。
努力が少しずつ実っているのが目に見えて(耳に聞こえて?!)わかり
とても嬉しく思いました!

皆さんにも、
こういう瞬間が沢山訪れることを信じて
毎日少しずつ英語に触れていただきたいです。


英語>>プライベートレッスン

生徒様のロンドン出張

プライベートレッスンの生徒様が、
満を持して、先週からロンドン出張に行かれています。

数分前、


「今から帰りの飛行機に乗ります。楽しかったです!
次回のレッスンはお土産話で終わりそうです(笑)」

とメールをいただきました。


出張中も色々なメールやロンドンの写真をいただいて、
大変ながらも楽しんでいらっしゃる様子が
伝わってきました。

レッスン前に練習したフレーズや、
会話レッスンで習った言い回しは使えたかな・・・。
次回お会いするのが楽しみでなりません♪

出張中に送っていただいた写真を
ブログに載せても良いということですので、
ロンドンの雰囲気をお裾分けさせていただきます^^

ちなみに、イギリス好きな方、このゴールデンウィーク中
有楽町ルミネと阪急でブリティッシュウィークと言う
イベントをやっているようです。
楽しそうですよ!

2.jpg
生徒様:
「昨日は天気良かったですが今日は雨です。でも誰も傘さしません。」

確かに外国人の方って傘ささないですよね・・・

wim.jpg
私がテニスが好きなのをご存知なので、
ウィンブルドン駅の写真を送ってくださいました。

airport.jpg

生徒様:
「ロンドンには一日に四季があるといいますが、本当でした!」

そうなんですねー。気をつけて帰ってきてくださいね

英語>>プライベートレッスン

初めての自宅レッスン

This week, I invited one of my students to my place for her lesson for the first time!
今週初めて、自宅でのレッスンをしました!


I thought it would be nice to practice English together with our feet in the Kotatsu, which I’ve just set up in the living room.
先日こたつを出したばかりでしたので、
こたつでのぬくぬくレッスンも良いかと思い、
いつもはカフェでレッスンをする生徒様をお招きしました。


CA390045.jpg

I always wanted my students to save money on drinks at a cafe. Plus, at home, we don’t have to worry about other people around.
However, I might have given her pressurebecause she came with a gift! She didn’t have to!!
もともと飲み物代を節約していただきたい+
周りの目を気にせず大きな声で英語を話せる
という意味でお呼びしたのですが、
逆にお気遣いいただいてお土産をいただいてしまいました。
恐縮です・・・。


CA390044.jpg
They were moist doughnuts. Very pretty, aren't they? They were very delicious.
しっとりしたドーナツでした。かわいい〜とってもおいしかったです。

It was a nice, warm afternoon. We had a lesson, relaxing.
(At least I did. I hope she did, too.)
I’d love her to come over again.
Thank you very much for the sweets.
If I have a chance, Id like to invite my other student to my place, too.
(No gift needed!)
お昼間でしたし、ゆったりレッスンができて良かったです。
(私だけリラックスしていなかったと良いのですが・・・)
また来ていただきたいです♪
お菓子をありがとうございました!
機会があれば他の生徒様にも来ていただきたいです。
(お土産は不要です!)
プロフィール

Yoko

Author:Yoko
東京で英語講師をしながら、訪日外国人のツアーガイドをしています。2012年10月から英語のサイクリングツアーも始めました!

Y&Y cycling tours tokyo
Y&Y Cycling Tours Tokyo


Customer Reviews


資格:英検1級/通訳案内士国家資格/TOEIC満点(990)



人気ブログランキングへ

レッスン使用教科書
基本の会話のレッスンでは、New American Streamlineというテキストを使っています。知名度はあまり高くありませんが、文法ごとのダイアローグがあり、自然な英語を身に付けるには最適なテキストです。
文法書としては、世界的に人気の「Grammar in Use」シリーズがオススメです。こちらでは、翻訳バージョンをご紹介しておりますが、ある程度英語に自信がある方は英語で書かれている原書をオススメします。イラストが多く、とてもわかりやすいです。
今日の時事英語
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。